会計監査の目的

会計監査の目的は、法人の作成した財務諸表の適正性を保証し、法人の公正な事業活動・利害関係者の保護を図ることにあります。

    会計監査の目的

 監査及び会計の専門家として、独立した立場から監査を行い、
 財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保し、
 法人等の公正な事業活動、利害関係者の保護等を図る

   決算書    ← 財務情報の信頼性を確保  外部監査

 公認会計士法(公認会計士の使命)
第一条 公認会計士は、監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会計等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、もって国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする。