会計監査の流れ

会計監査の流れは、以下のようになります。
「経営環境の把握」→「監査計画の立案」→「内部統制の評価」→「監査手続の実施」→「監査報告」

   会計監査の流れ

 経営環境の把握● 理事・監事、施設長・管理者への質問・協議
● 重要な取引の把握
● 重要な勘定科目の決定
 監査計画● 年間計画(監査日程)の策定
● 監査方針の決定
 内部統制評価● 取引ごとの業務フロー【手続きの流れ】の確認・ヒアリング
● 内部統制の有効性の評価、統制テスト
● 内部統制の改善点の報告 
 監査手続● 会計記録の妥当性の検討
● 財務諸表の表示の検証
 監査報告● 監事(監事監査)との協議
● 監査報告