本文へスキップ

松岡公認会計士・税理士事務所は社会福祉法人会計に特化した会計事務所です。

TEL. 0752128768

〒604-8155 京都市中京区烏丸通錦西入占出山町308 ヤマチュウビル2F

<複数の施設を、運営されている社会福祉法人さん>
<規模が小さく、会計にあまり費用をかけられない社会福祉法人さん>
<近くに、社会福祉法人会計の専門家が見つからない社会福祉法人さん>
のみなさまへ

インターネットによる社会福祉法人会計支援
(地域を問わず、法人の会計のお手伝いができるようになりました。)


〜社会福祉法人新会計基準・制度改革に沿った、会計環境を〜
 
 なぜインターネット会計なの?  社会福祉法人新会計基準への移行で会計処理が変わるケースが多くあります。
会計区分についても、事業区分、拠点区分、サービス区分と、区分の整理が必要です。
区分間取引の相殺処理なども必要となり、新会計基準では、一つの会計データを各施設、事業区分が一体となって処理していく方向になっていきます。
従来のように、各施設で会計処理を行い、本部で合算するような手法が難しくなってきます。
 インターネット会計
(福祉大臣クラウド版)って何?
 福祉大臣クラウド版は、インターネットで会計処理をできるサービスです。
一つ一つのパソコンに、会計ソフトをインストールし、利用したり、パソコン同士をLANでつなげて会計処理をするのではなく、インターネットから、会計ソフトを起動し(クラウド)、インターネット上で会計処理を行うとともに、データもネット上のサーバーに保存されるシステムです。
インターネットを通じて会計処理を行いますので、インターネットがつながるパソコンならどこからでもアクセスでき、例えば、施設同士が離れていても、インターネットを通じて同じデータ上で、会計処理を行うことができます。
 福祉大臣クラウド版の公認会計士モデル(仕様)   福祉大臣のクラウド版では、インターネットを通じ、法人さまと当事務所が同一の会計データを相互に処理することが可能です。
 公認会計士専用モデル(仕様)を用いて、会計データを共有して、
支援を行っていきます。
 福祉大臣クラウド版、顧問契約パック   福祉大臣のクラウド版では、インターネットを通じ、法人さまと当事務所が同一の会計データを相互に処理することが可能です。
月々の福祉大臣クラウド利用料と会計事務所の顧問料がセットになる社会福祉法人会計専門パックサービスを行っています。
[1ライセンスから利用することができます。
 月額43000円(1法人1施設の場合)〜
 ご利用ライセンス数及び拠点数に基づき計算いたします]


NECネクサソリューションズ株式会社と提携している、当事務所ならではのサービスです。

バナースペース

松岡公認会計士・税理士事務所

〒604-8155
京都市中京区烏丸通錦西入占出山町308 ヤマチュウビル2F

TEL 0752128768
FAX 0752128769


松岡事務所顧問先様向け   ふるさと納税のご案内