本文へスキップ

松岡公認会計士・税理士事務所は社会福祉法人会計に特化した会計事務所です。

TEL. 0752128768

〒604-8155 京都市中京区烏丸通錦西入占出山町308 ヤマチュウビル2F


第24章  積立金と積立資産について

積立金と積立資産について


(1)積立資産の積立て

 積立金を計上する際は
 同額の積立資産を積み立てることになりますが

 資金管理上の理由等から積立資産の積立てが
 必要とされる場合には、

 その名称・理由を明確化した上で
 積立金を積み立てずに積立資産を計上することができます。



(2)積立資産の積立ての時期

  積立金と積立資産の積立ては、

  増減差額の発生した年度の財務諸表に反映させますが、

  専用の預金口座で管理する場合には、
  遅くとも決算理事会終了後2か月を越えないうちに行うものとされています。


(3)就労支援事業に関する積立金

  就労支援事業については、

   指定基準において
   「就労支援事業収入から就労支援事業に必要な経費を控除した額に
   相当する金額を工賃として支払わなければならない」
   されていることから、
   原則として剰余金は発生しません。

   しかし、
  将来にわたり安定的に工賃を支給し、
  安定的かつ円滑に就労支援事業を継続するため、
  次のような特定の目的の支出に備えるため、

  理事会の議決に基づき
  就労支援事業別事業活動明細書の就労支援事業活動増減差額から
  一定の金額を次の積立金として計上することができるとされています。

  積立金を計上する場合には、
  同額の積立資産を計上することによりその存在を明らかにする必要があります。

  次の積立金は、
  当該年度の利用者賃金及び利用者工賃の支払額が、
  前年度の利用者賃金及び利用者工賃の支払実績額を下回らない場合に限り、
  計上できます。

  ア  工賃変動積立金

   毎会計年度、
   一定の工賃水準を利用者に保障するため、
   将来の一定の工賃水準を下回る工賃の補填に備え、
   次に掲げる各事業年度における積立額及び積立額の上限額の範囲内において、  
   「工賃変動積立金」を計上することができます。

   ・各事業年度における積立額:過去3年間の平均工賃の10%以内
   ・積立額の上限額:過去3年間の平均工賃の50%以内

   保障すべき一定の工賃水準とは、
   過去3年間の最低工賃(天災等により工賃が大幅に減少した年度を除く。)となり
   これを下回った年度については、
   理事会の議決に基づき工賃変動積立金及び工賃変動積立資産を取り崩して
   工賃を補填し、補填された工賃を利用者に支給するものされています。

 イ  設備等整備積立金

   就労支援事業を安定的かつ円滑に継続するため、
   就労支援事業に要する設備等の更新、
   新たな業種への展開を行うための設備等の導入のための
   資金需要に対応するため、
   次に掲げる各事業年度における積立額及び積立額の上限額の範囲内において、
   設備等整備積立金を計上することができます。

   ・各事業年度における積立額:就労支援事業収入の10%以内
   ・積立額の上限額:就労支援事業資産の取得価額の75%以内

   設備等整備積立金の積み立てにあっては、
   施設の大規模改修への国庫補助、
   高齢・障害者雇用支援機構の助成金に留意することとし、
   設備等整備積立金により就労支援事業に要する設備等の更新、
   又は新たな業種への展開を行うための設備等を導入した場合には、
   対応する積立金及び積立資産を取り崩すこととされています。

  ウ  積立金の流用及び繰替使用

   積立金は、
   一定の工賃水準の保障、
   就労支援事業の安定的かつ円滑な継続という特定の目的のために、
   一定の条件の下に認められるものであることから、
   その他の目的のための支出への流用
   (積立金の流用とは、積立金の取り崩しではなく、
   積立金に対応して設定した積立資産の取崩し)は認められません。

   しかし、
  就労支援事業に伴う自立支援給付費収入の受取時期が、
  請求及びその審査等に一定の時間を要し、
  事業の実施月から見て2か月以上遅延する場合が想定されることから、
  このような場合に限り、
  上述の積立金に対応する資金の一部を一時繰替使用することができると
  されています。
  繰替えて使用した資金は、自立支援給付費収入により必ず補填することとされ、
  積立金の目的の達成に支障を来さないように留意することが必要です。


(4)授産事業に関する積立金

  授産施設は、
  「授産施設の利用者には、事業収入の額から、事業に必要な経費の額を
  控除した額に相当する額の工賃を支払わなければならない。」
  と規定していることから、原則として剰余金は発生しません。


  しかしながら、会計基準に規定する「その他の積立金」により、
  人件費積立金、
  修繕積立金、
  備品等購入積立金、
  工賃平均積立金等の積立金として処理を行うことは可能であります。

  積立金を計上する場合には、
  同額の積立資産を計上することによりその存在を明らかにする必要があります。












バナースペース

松岡公認会計士・税理士事務所

〒604-8155
京都市中京区烏丸通錦西入占出山町308 ヤマチュウビル2F

TEL 0752128768
FAX 0752128769


松岡事務所顧問先様向け   ふるさと納税のご案内