1. HOME
  2. ブログ
  3. その他
  4. ヴァイオリンはじめました
  5. ヴァイオリンはじめました レッスン4回目

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

ヴァイオリンはじめました

ヴァイオリンはじめました レッスン4回目

ヴァイオリンレッスン4回目に行ってきました。
今回から45分間のレッスンです。

まだ基本中の基本ですが、なんとなくメロディーになってきた気がします。

家で毎日練習をしているのですが、正しい姿勢が自分ではわかりません。

まず、弓の使い方を直されます。

私には正解がどんな形なのかまだわからないので、自分では直せません。
慣れてきたら正しい姿勢がわかる時がくるのでしょうか。

前回は「シ」の音の出し方を習いましたので、今回は「ド」の音の出し方を習いました。

「シ」の時は弦を押さえる場所にテープを貼ってもらいました。
「ド」は、テープを貼らずに「シ」のちょっと横を押さえます。

指を押さえないで弾くと「ラ」の音になるので、これで3音出せることになります。

「シ」は左の人差し指で押さえます。
「ド」は左の人差し指と中指の2本で押さえます。

私は指が短いのですが、手も小さいです。
中指はまだ苦労なく押さえられます。

45分レッスンですので、もう1音教えていただきます。
「レ」です。

「レ」の部分にはテープを貼っていただきました。
「レ」は 左の人差し指と中指と薬指の3本で押さえます。

(。-`ω-)あれ?

薬指が弦を押さえるので精いっぱいです。

小指は弦を押さえることができるのか?
試しにやってみました。

あれれ?(;´Д`)

どんなに頑張っても、どんなに腕を内側に持って行っても、私のかわいいポークビッツ級の小指は弦に届きません(;゚Д゚)

「あ~・・・」
「・・・先生、どうしましょうか?」

「う~ん。小指を使う音は他の弦で似たような音が出せますし」
「それで曲になるのですか?」
「難しい曲は無理だと思いますが、何とか考えてみましょう」

「先生!よろしくお願いします!」

というわけで、私のかわいい小指は封印することになりました。

「どの生徒さんも小指を使う時は苦労されてますよ~」
と慰めていただきました。

まだ私が子供なら小指を使う方法を模索すると思うのですが、もういいお年頃ですので。ねぇ。
何事も諦めが肝心な時もあります。

こんなやりとりで45分のレッスンは終了しました。
やっぱり15分違うだけで、身体のコリが違います。

「次回からは1曲弾けると思いますよ」
と言っていただいたのでテンションが上がります♪

アラフィフ
アラフィフ

こんな感じで私のかわいい小指は封印することになりました。それでも曲を弾くことができるんですね(=゚ω゚)ノ


関連記事