1. HOME
  2. ブログ
  3. 研修会についてスタッフの感想
  4. 「附属明細書(①)役割と決算チェック」1から学べる社会福祉法人会計の勉強会を横で聞いているスタッフの感想③

会計・法人運営の記事ブログ

会計・法人運営を支えるブログ

研修会についてスタッフの感想

「附属明細書(①)役割と決算チェック」1から学べる社会福祉法人会計の勉強会を横で聞いているスタッフの感想③

第10回「附属明細書(①)役割と決算チェック」の勉強会を、本日オンラインで開催しました。

社会福祉法人で作成する基本の計算書類は、
「資金収支計算書」「事業活動計算書」「貸借対照表」の3つです。
決算の時は、この3つの書類の他に「附属明細書」と「注記」を作ります。
決算書類の中で「附属明細書」と「注記」は、3つの計算書類の情報を補って、
よりよく理解してもらうために作成します。
そして、法人の計算書類(決算書)を見てもらいますと、3つの計算書類以上のボリュームを占めていることを感じてもらえると思います。
この「附属明細書」についての表の見方や、決算におけるチェックのポイントを勉強しました。

注記と附属明細書 資料

附属明細書と計算書類の、どことどこの金額が一致していなければいけないか?

来年の決算に向けて、勉強になること間違いなしです!

お問い合わせからお気軽にご連絡くださいね(´-`*)

本のご案内の記事一覧

毎月開催の「1から学べる社会福祉法人会計 勉強会」が本になりました。

仕事が忙しくて時間を取れないという方のために、勉強会の内容を書き起こしました。

絵本タイプなので、簡単にサクサク読み進めていけます!

関連記事