1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 社会福祉法人会計の初心者向け 勘定科目の簡単な説明「預金」

BLOG

ブログ

勘定科目の簡単な説明

社会福祉法人会計の初心者向け 勘定科目の簡単な説明「預金」

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明内容について

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。

厚生労働省の勘定科目説明

下の厚生労働省の勘定科目の説明との橋渡しを目指しています。

預金
預貯金(当座預金、普通預金、定期預金、郵便貯金、金銭信託等)をいう

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」
預金通帳の図

科目説明の解説

金銭信託ってご存知ですか。

金銭信託は、信託銀行などが利用者にかわってお金を管理・運用する金融商品です。資金を信託財産として預け、信託銀行などがあらかじめ決められた方針に沿って運用し、利用者はその収益を受け取ります。

元本補てん契約により元本が保証される商品と元本補てん契約がなく元本が保証されない商品があります。据え置き期間中は、原則として解約ができません。

(一般社団法人全国銀行協会のホームページより)

金銭信託を利用する場合には、しっかりと契約の内容を確認しましょう。

 

勘定科目の簡単な説明

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

普通預金
大切なお金を預けている形。
法人の入金や支払いの中心的な役割を果たす。
口座が増えるすぎると管理が大変になり、事業の数と口座の数のバランスを図っていこう

マツオカ
マツオカ

定期預金
大切なお金を、より確実な形で置いておく手段。
金利が低い現在では、受け取る利息を目的とするより、
大きなお金を普通預金と分けておくことが中心的な役割になっている

科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!