1. HOME
  2. ブログ
  3. ヴァイオリンはじめました
  4. ヴァイオリンはじめました レッスン8回目

会計・法人運営の記事ブログ

会計・法人運営を支えるブログ

ヴァイオリンはじめました

ヴァイオリンはじめました レッスン8回目

ヴァイオリンレッスン8回目に行ってきました。

45分間のレッスンです。

前回ご紹介した、今弾いている弦から他の弦に移る「移弦」はすっかり慣れました。

練習って大事ですね。

あんなにパニくっていた指使いも、スラスラと動くようになりました。

そして今回は最後の4本目の弦も使ってのレッスンです!

ねこ ヴァイオリン

ネコさんの右手からみて4本目の弦です。

この弦の音はだいぶ低くなります。

「ソ」は、右から4番目の弦を指で押さえずに弾きます。

「ラ」は同じ弦を人差し指で押さえます。

「シ」は同じ弦を人差し指と中指で。

「ド」は同じ弦を人差し指と中指と薬指で押さえます。

同時に左腕も肘をグッと右側に持っていきます。

そうしないと、私の可愛い指たちが届かないからです。

これで「ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ」の13音が出せることになりました。

双子姉も、私と同じ長さの可愛いポークビッツ級の小指を持っています。

私は小指を使うのをあきらめて、別の弦で音を代用しています。

でも双子姉は、むりくり小指を使わされているようです(゚д゚)!

4、5cmの小指ですよ!?

でも何とか届いているらしいです・・・

尊敬に値します。

今回は新しい手法「スラー」を習いました。

「スラー」とは、1音ずつ前後(一方向)に動かしていた弓を、2音で前(又は後ろの一方向)に動かすことです。

わかります?

書いていてもよくわかりませんね。

スラー

これが1音ずつ前後(一方向)に動かす今までの動き。

スラー1

これが2音で前(又は後ろの一方向)に動かす動きです。

そう、これが「スラー」です( ゚Д゚)

今は1曲のうちに2回ほどしか「スラー」が出てこない曲を練習してます。

「スラー」で弾くと、音が滑らかで流れるような感じがします。

これまた弾ける人になったみたいで興奮するんですよね。

今の目標は「エトピリカ」です。

早く弾けるように頑張ります٩( ”ω” )و

アラフィフ
アラフィフ

ちょっと弾けるようになってくると、練習にも熱がはいります!


龍体文字 く 透明

関連記事