1. HOME
  2. ブログ
  3. 目指せ!突き抜けろ!50からの健康体
  4. 目指せ!突き抜けろ!50からの健康体 ① 

BLOG

ブログ

目指せ!突き抜けろ!50からの健康体

目指せ!突き抜けろ!50からの健康体 ① 

今ではすっかり元気になったボスが、心身ともに疲れ切った体を治療していく過程を綴っていきます。

お客様の決算作業で忙しい毎日を過ごしていたある日、ボスがめまいを訴えました。

ちょうど遠方のお客様のところへ出張の予定があったのですが、それもキャンセルさせていただきました。

今まで体調不良でキャンセルというのを見たことがなかったので、いつもと違うな・・という感じで気持ちがざわついていました。

その数日後、ボスからメールが来ました。

「体がフワフワして、歩くのがおぼつかない。事務所には行けそうにない」という内容だったと思います。

病院で診てもらった結果、過労と心労で2週間の安静を告げられました。

お医者様には決算期なのでとご相談したところ「休むのが一番ですが、毎日点滴に来てください」と言って下さり、点滴の日々が始まりました。

その旨をお客様にメールでお伝えしました。

ご訪問もすべての予定をキャンセルさせていただきました。

ただ、決算の時期でしたので、メールや連絡は私にいただけるようお願いし、私からボスに伝えるようにしました。

直接のメールのやり取りは精神的にきつかったようです。

幸い、クラウドでお客様のデータを家でも見ることができましたので、仕事は続けることができました。

この忙しい時期にこんなことをお願いし、お客様はさぞかしご立腹だろうとビクビクしておりました。

でも、本当にすべてのお客様が苦情をおっしゃるどころか、ボスの体調だけを心配してくださったのです。

自分たちで出来るところまで頑張るから、ゆっくり静養してくださいと、すべてのお客様がおっしゃってくださいました。

本当に本当に、感謝です。

いまその時のことを思い出しても、目頭が熱くなります。

それからは私の出番です。

が、今までお客様とのやり取りはすべてボスがやっていたので、慣れない作業に苦戦しておりました。

関連記事