1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「前払金」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「前払金」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。

簡単な説明 前払金

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

前払金
何かの作業をやってもらったり、商品を送ってもらうのに先にお金を支払わなければならないことが、取引で起こることがある。先払いのため、きちんとやってもらえたか、商品は届いたかを確認と記録を忘れないように。

確認していきます。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

前払金
物品等の購入代金及び役務提供の対価の一部又は全部の前払額をいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説 前払金

前払金の発生

取引によっては、先にお金を払ってから、役務の提供を受けたり、(やってもらう)、モノを納品してもらうことがあります。
日常生活の中のものを想像すると分かりやすいですね。例えば、通販などで、先にお金を払ってから、商品が届くなどは前払金と言えます。頭金なども考えられます。先払いのイメージですね。

前払いをする理由

理由としては、次のものが考えられます。

・(比較的)金額の高い物品の購入や、工事などで、先に支払を求められるもの。

・初めての取引や、あまり取引がない相手先との取引の場合に、先に支払いを求められるもの。
 企業間の取引では、相手先との(金銭的な)信用を大切にします。これまでに取引がなかった相手先などに対しては、確実な支払いを担保するために、先に支払いを求められることがあります。
法人さんに信用がないという訳ではなく、、これまでに取引の支払実績がないために、リスク回避のために行われるものです。

役務の完了の検証、納品の確認

前払金は、法人では、先に支払を行っています。
お金を先に支払ったものに対して、確実に業務が行われたかを確認することが大切になってきます。
役務(サービス)がきちんと行われたか(完了の検証)、物品の納品が行われたかを確認していきましょう。

確認
マツオカ
マツオカ

前払金は、
会計上は、役務の完了、納品の確認をした上で、本来の科目(費用科目など)に振替を行います。
決算時期(年度末)は、決算にどのように計上していくか判断が必要になります。役務が完了しているか、物品の納品がなされているかをしっかりと確認しましょう。


管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

前払金
何かの作業をやってもらったり、商品を送ってもらうのに先にお金を支払わなければならないことが、取引で起こることがある。先払いのため、きちんとやってもらえたか、商品は届いたかを確認と記録を忘れないように。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!