1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「前払費用」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「前払費用」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。

簡単な説明 前払費用

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

前払費用
○○月分の料金を前もって先に支払わないといけないと契約書に書いている場合の保険料や利用料金、駐車場代など。毎月払う場合もあれば、1年分や何か月分前払いなど契約によって色々とあるため、何か月分残っているかの管理も大切になる。

確認していきます。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

前払費用
一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、いまだ提供されていない役務に対し支払われた対価をいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説 前払費用

未収収益」の説明の中で触れていますが、「未収収益」「前受収益」と「前払費用」「未払費用」の4つの科目を総称して経過勘定という表現を使うことがあります。

経過勘定について

この4つの科目は、いずれも、時の経過によって発生する収益や費用に関連して用いられる勘定科目です。

①一定の契約があって、②時間の経過とともに生じる、③役務の提供によって受取る、または支払うものです。

契約に基づく「○○月分の料金」というのがイメージしやすいですね。

「当月分の料金」を、「当月」に受け取ればいいのですが、
契約によっては、当月分を前月に受け取ったり(支払ったり)、翌月に受け取ったり(支払ったり)することが
よくあります。

法人側が、受け取るケース(収益)支払うケース(費用)で4つのパターンがあることが分かります。

未収収益当月分を翌月以降に受け取り
前受収益当月分を前月までに受け取り
前払費用当月分を前月までに支払い
未払費用当月分を翌月以降に支払い

時の経過

福祉サービスのサービスでも、「○○月分」という表現を使いますが、経過勘定に計上されるものとの違いは

経過勘定にされるものは、時間の経過ともに、自然発生的に収益や費用が発生するものです。

家賃や賃借料、保険料やソフトなどの利用料などがイメージしやすいのですが、

時間が過ぎるのとともに、お金が「チャリーン、チャリーン」と鳴っている姿を想像したことがある人も多いと思います。

役務の提供

経過勘定に計上されるものは、役務の提供、何らかのサービスの提供と呼ばれるものになり、物品の売買・購入など(資産の譲渡と言います)では、生じません。

サービスの内容が、部屋を貸す、借りるというものであったり、保険(補償や安心)を提供するというものであったりと様々なものになります。

時間の経過とともに生じる物品の購入というものの想像が難しいことからも分かります。

前払費用

前払費用は、経過勘定のうち、当月分の費用を、前月までに支払っているものになります。また、支払っているものは、1年以内にサービスの提供を受けるものです。
これは、固定資産の中に、「長期前払費用」という科目があり、1年以上先の費用(料金)まで支払っているものは長期前払費用の方に計上されます。

確認チェック

保険料やソフトの利用料などの場合、12か月分前払いや24か月、60か月前払いなど、長期に渡る料金を前払いすることがあります。同じような前払いの費用であっても、1年以内のものか、1年を超えるものかで、さらに区分していくことになります。

マツオカ
マツオカ

前払費用は、実務上はたくさん使われています。
全ての契約が、同じ時期に、同じ期間で支払われている訳ではありませんね。
そのため、前払いしている契約が何があるか、決算の時点では、何か月分の前払いが残っているかと把握する必要があります。エクセルなどを用いて管理していくのもいいかもしれません。


管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

前払費用
○○月分の料金を前もって先に支払わないといけないと契約書に書いている場合の保険料や利用料金、駐車場代など。毎月払う場合もあれば、1年分や何か月分前払いなど契約によって色々とあるため、何か月分残っているかの管理も大切になる。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!