1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明を始めたきっかけ 社会福祉法人会計 

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明を始めたきっかけ 社会福祉法人会計 

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。

簡単な説明を始めたきっかけは、セミナーでの出来事から

セミナー

これまで、様々なところのセミナーや勉強会でお話をさせてもらってきました。

その際には分かりやすい資料と内容を心がけてきたつもりでした。

フィードバック

セミナーには職員もできる限り同席し、私自身には見えていなかった、話の中で分かりにくかったところや参加者の雰囲気や反応を、セミナーが終わってからフィードバックとして聞かせてもらっています。

ある時、衝撃的なフィードバックの言葉を聞きました。。

諦める

ある研修会のフィードバックで

「〇〇さんが、途中で諦めはりました」と報告を受けました。

諦めるって?

何を??? 

話を聞くと

私の話の途中で、「言葉(会計用語)の意味が分からなくて、そこから先の話は諦めはりました。(その後の研修会の話は、聞き流された感じというか)」

大きな衝撃です。

研修の途中で、聞き手さん側の扉がピタッと閉まってしまうのですね。

それが会計の話なら、きっかけは独特の会計用語の意味が分からないということになります。

英会話に例えると、単語の意味が分かるところまでは聞いていたけれども、単語の意味が分からなくなったところから先は会話を聞いていなかった。

という感じです。

ここからマツオカ会計事務所の研修会の方向性が大きく変わりました。
社会福祉法人の会計や制度をきちんと説明された研修やセミナー、また書籍などはたくさんあります。
こちらはいつでも受けてもらうことができると思っています。

マツオカ会計事務所では、社会福祉法人の会計や運営について「理解できることが増える楽しみを実感できるようになる」ことを目標に、本質を抑えた上で、正確な表現より日常用いる表現でイメージができるような構成にしています。

他社さんの研修会を受けられる時にも役に立つ内容で、途中で諦めないで最後まで聞いてもらえるような内容にと考えています。

研修会のテーマの1つ「社会福祉法人の会計の初歩の初歩」は、社会福祉法人会計で用いる会計用語を一つ一つ解説しています。

職場では今さら聞けない、聞くのが恥ずかしいと思われるようなことも聞いてもらえるように、会計の初歩的なお話をしています。「借方」「貸方」の説明から始めています。

マツオカ会計事務所の研修会、セミナー

以来、マツオカ会計事務所の研修会、セミナーは、

社会福祉法人の会計の初心者や、法人の会計業務に携わっていない経営幹部、管理職さんにも聞いていただけるように、イラストやイメージを中心に、会計や法人運営の本質を感じてもらえる内容にしています。

令和3年9月8日

テーマ 社会福祉法人の契約手続きと随意契約

の一コマです。

専門用語はできる限り使わず、また、必要な会計の用語についても、言葉の意味をお伝えしながら説明しています。

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明については、

研修会やセミナーを受けて下さった方々が法人の会計に触れる時に、

正確に一言一句間違えないように単語を覚えるのではなく、1つずつの勘定科目のイメージを持ってもらえるように、お伝えしています。

上で、英会話のイメージを書きましたが、

1つ1つの単語の意味を正確に分かっていなくても、全体のイメージとして単語の意味が分かれば、会話は通じるのではないかと思っています。

このことを社会福祉法人の会計の用語に置き換えて、考えています。

厚生労働省の勘定科目説明

そしてもちろん、正確な用語の意味も大切になってきます。

そこで厚生労働省の勘定科目の説明を一緒に記載しています。

 

マツオカ会計事務所で開催中の勉強会
「1から学べる社会福祉法人会計」を書き起こして
絵本タイプにした本です。

(Amazonへはこちら)

1から学べる社会福祉法人会計 第1巻 読み方が変わる!!資金収支計算書

関連記事

error: Content is protected !!