1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「1年以内回収予定長期貸付金」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「1年以内回収予定長期貸付金」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。

簡単な説明 1年以内回収予定長期貸付金

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

1年以内回収予定長期貸付金
長期的に貸したお金のうち、この先1年以内に返してもらう金額。
契約書などで返済のルールが決まっている場合には、1年以内分と1年超分を区分する習慣が大切。

確認していきます。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

1年以内回収予定長期貸付金
長期貸付金のうち貸借対照表日の翌日から起算して1年以内に入金の期限が到来するものをいう

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説 1年以内科目

流動・固定分類

貸借対照表の資産、負債は、流動資産・負債と固定資産・負債とに区分されています。

流動資産と固定資産を区分する際に基本となる大きな考え方が
一年基準と呼ばれるものです。

区分、分類のやり方は、1年以内か1年を超えるかということになります。

これだけでもある程度、想像できますね。

資産の分類のイメージは、このようになります。

流動資産固定資産
1年以内に
お金に変わる、お金が入ってくる
1年を超えて
お金に変わる、お金が入ってくる
1年以内に
サービスの提供を受ける
1年超えて
サービスの提供を受ける
1年以内に消費される1年超えて使用される

長期貸付金と1年以内回収予定長期貸付金の会計処理

上のように分類された固定資産の中に、

長期貸付金があります。

長期貸付金は、契約によって、1年を超えて返済を受ける貸付けです。

長期貸付金は、長期間にわたって返済を受けていきますが、一般的に、返済のルールを決めていきます。月々の返済や年一回の返済、半年ごとの返済などですね

返済のルールを記した書類を返済予定表や償還予定表、返済計画表などど呼びます。

その返済予定表にある金額は、今年中(1年以内)に返済される金額と、来年以降(1年以上先に)返済される金額に分けることができます。

長期貸付金は、固定資産に分類されていますが、1年以内に返済を受ける金額を固定資産から流動資産に、振り替えて(組み替えて)、流動資産に分類することになります。

例 
会計処理の前

固定資産長期貸付金100円
(うち1年以内 10)

会計処理の後

流動資産 1年以内回収予定長期貸付金10円
固定資産長期貸付金90円

1年以内〇〇の科目

これが、「1年以内〇〇」なっている科目に共通する会計処理の方法になります。

1年

契約などに基づいて、返済金額やサービスの金額を、
1年以内の金額と1年を超える金額に分けて、
固定資産・負債に計上している金額から、
1年以内の金額を抽出して、
流動資産・負債の金額として計上していきます。

支払資金との関係

「1年以内〇〇」の科目は、流動資産・負債に計上されますが、支払資金に含まれません。

支払資金に含まれないということは、固定資産・負債から、1年以内〇〇として、流動資産・負債への振り替える会計処理は、資金収支計算書に反映されません。詳しくは、改めて。

マツオカ
マツオカ

1年以内、1年を超えるを分類する時の基準となる日は、決算日の翌日(4月1日)になります。

マツオカ
マツオカ

1年以内回収予定というように、回収という言葉が用いられています。
債権回収などでイメージしやすいですが、経済的な活動の表現が使われています。

管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

1年以内回収予定長期貸付金
長期的に貸したお金のうち、この先1年以内に返してもらう金額。
契約書などで返済のルールが決まっている場合には、1年以内分と1年超分を区分する習慣が大切。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!