1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 社会福祉法人会計の初心者向け 勘定科目の簡単な説明「事業未収金」

BLOG

ブログ

勘定科目の簡単な説明

社会福祉法人会計の初心者向け 勘定科目の簡単な説明「事業未収金」

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。

厚生労働省の勘定科目説明

下の厚生労働省の勘定科目の説明との橋渡しになるように説明しています。

事業未収金
事業収益に対する未収入金をいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説

説明は、ひと言であっさりにも見えますが、とても重要な科目ですね。
流動資産の中では、1,2を争う、業務上のウエイトの高い科目です。

帳簿の管理

介護保険の始まりとともに制定された(旧)会計基準では、「未収金」として整理されていました。
それ以前の経理規程準則(昭和51年制定)の時にも、「未収金」はありましたが、内容が若干異なり、事業収益の未収という考え方がなかったものです。
介護保険制度の始まりと、会計のルールが現金主義から発生主義に変わったことにより、大切な科目として生まれてきています。

意識しておきたいことは、相手先によって入金のタイミングが異なることです。
・国保連ならサービス提供月・・・2か月後
・ご利用者さん・・・〇か月後
・市町村(運営費収益、補助事業収益や受託事業収益など)・・・規則や契約で定められた時期
・就労支援事業・・・取引先さんと取り決めた時期
などですね。
入金の時期というのは、法人運営の資金繰りを考える中でも大切になってきます。法人全体で事業や相手先ごとの入金時期を頭にいれておきましょう。

会計ソフトでは、事業未払金の科目の中に相手先ごとに分けて補助科目を設けるといいですね。

勘定科目の簡単な説明

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

事業未収金
法人が頑張ったお仕事に対してまだ受け取っていないお金。
金額の大部分が国保連からの入金になるため安心感が強いが、本当は入金が滞ると大変になるお金。
相手先ごとに残高や入金状況を管理しておく。毎月、入金確認と残高チェックを忘れないようにしておこう


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!