1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「商品」「仕掛品」「原材料」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「商品」「仕掛品」「原材料」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。

簡単な説明 商品 仕掛品 原材料

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

商品・製品
お店などで売るために持っているもの。他所で買ってきたものが商品、自分で作ったものが製品。
仕掛品
頑張って作っているがその日のうちに完成しないこともある。完成途中のもの。
原材料
製品を作るための材料。まだ、手掛けていない状態。

確認していきます。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

商品・製品
売買又は製造する物品の販売を目的として所有するものをいう。

仕掛品
製品製造又は受託加工のために現に仕掛中のものをいう。

原材料
製品製造又は受託加工の目的で消費される物品で、消費されていないものをいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説 商品 仕掛品 原材料

「貯蔵品」から始まった「棚卸資産」に含まれる科目の一つですね。

棚卸資産について

棚卸資産

棚卸資産とは、ひと言でいいますと在庫のことですね。倉庫などの棚に整理されている在庫です。
決算日など一定の日に、棚から取り出し、在庫の数量や(保存)状態を確認して、その時点での価値(価格)を計算します。この作業を棚卸しと言います。

棚卸の確認

商品と製品

就労支援事業や授産事業において、よく使用される科目です。
社会福祉法人さんでも、就労支援事業や授産事業を運営されていない法人さんには、あまり馴染みがない科目かもしれません。

一般の会社さんでは、大変良く使われる科目ですので、内容を覚えておきましょう。

会計では、販売用の物品(在庫)のうち、
自分たちで作ったものを「製品」、
どこかで仕入れてきたもの(買ってきたもの)を商品と表します。

陶器

製品は、販売できる状態になっているものになります。
お客様に「陶芸」事業をされている法人さんがいらっしゃるので陶芸に例えます。
製品は焼き上って、販売できるようになっています。

原材料

先に、「原材料」です。

自分たちで「製品」を作っていくためには、様々な材料を買ってきます。材料の在庫が原材料として計上されます。

例えば、陶芸事業の場合の「土」などです。

仕掛品

仕掛品は、製造中の作業の中で、まだ未完成、完成途中のものです。

仕掛りとという言葉は、日常ではあまり耳にしませんね。
製品の中には、一日では完成しないようなものもあります。
「仕掛り」=「取り掛かっている途中」と読み替えますと分かりやすいです。

仕掛品

例えば、こんな感じです。
金額的には、どのように評価するのでしょうか。
それまでに掛かった原材料の料や作業時間などから評価していきます。

マツオカ
マツオカ

京都の嵐山にある「ハートプラザKYOTOぶらり 嵐山店」さんには、多くの法人さんで製作された様々な製品が並んでいます。うちのお客様も出品されています。人気の観光地にステキなお店があります。


管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

商品・製品
お店などで売るために持っているもの。他所で買ってきたものが商品、自分で作ったものが製品。
仕掛品
頑張って作っているがその日のうちに完成しないこともある。完成途中のもの。
原材料
製品を作るための材料。まだ、手掛けていない状態。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!