1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフの感想 1から学べる社会福祉法人会計勉強会
  4. 「社会福祉法人会計の事業費」1から学べる社会福祉法人会計の勉強会を横で聞いているスタッフの感想⑫

会計・法人運営の記事ブログ

会計・法人運営を支えるブログ

スタッフの感想 1から学べる社会福祉法人会計勉強会

「社会福祉法人会計の事業費」1から学べる社会福祉法人会計の勉強会を横で聞いているスタッフの感想⑫

「社会福祉法人会計の事業費」の勉強会を、5月12日オンラインで開催しました。

今回は、75分の勉強会でした。

今回の勉強会の目的

今までは全体像について学んできました。今回から各論的なことについて学んでいきます。
1つ1つの手続きの確認をし、月次の報告に活かしていき、会計担当者の管理や把握につなげていきます。
掘り下げた実務に近い部分を学び、全体像として知っておいてもらうことが目的です。

事業

今回の勉強会は「社会福祉法人会計の事業費」です。

「事業費」は、費用の中の主要な位置を占める3つの中の1つになります。
1つ目として「人件費」を前々回に勉強しました。
そして2つ目として今回の「事業費」を学んでいきます。
3つ目は今後勉強していく「事務費」になります。

「事業費」は細かいところを押さえておいて、決算や予算を考える時のポイントにしてほしいとの想いがあります。

まず「人件費」についてのおさらいです。
福祉事業は「労働集約型」です。
人がいてはじめて成り立ちますし、その分人件費もかかります。
設備投資が中心の「資本集約型」と比べると、削減したときの効果が変わってきます。
「人件費」は費用の中心を占めていました。

そして今回は、その他の経費である「事業費」と「事務費」のうちの「事業費」について勉強しました。

事業費の科目は、科目名でなんとなくイメージできます。
でも、気をつけなければいけないことがあります。
それは、私たちが日常生活で使っているイメージと混同する科目があるということです。
意外とわかりにくい科目説明等をご紹介し、そのあとに経費の分析のお話をさせていただきました。

今回は次回の「事務費」につながる流れでお話がすすんでいきましたので、いつものようにおっ!という感じではありませんでしたが、大事なお話でした。

興味のある方は、お問い合わせからご連絡くださいね(´-`*)

マツオカ会計事務所 松岡洋史
公認会計士 税理士
1から学べる社会福祉法人会計

マツオカ会計事務所のストーリーこちら

NO.
ストーリー 本質を伝えたい 資料へのこだわり 理事長からの質問 50円の奇跡
NO.
ストーリー 規制緩和 役に立った習慣夢とクロワッサン会計と四柱推命鑑定
NO.
ストーリー途中で諦めた?80点の資料ショックな出来事?

1から学べる社会福祉法人会計勉強会で開催したテーマを書籍化して、気軽にお試しいただけるようにしています。

本のご案内の記事一覧

本の内容をブログ記事でご紹介しています

事務所スタッフによる本の感想です。(本のタイトルまたは画像をクリックして下さい)

(第4巻 経営組織は、法人の役員(理事、監事)や評議員について解説しています)

オンライン研修会「1から学べる社会福祉法人会計勉強会」のスタッフの感想は、こちら

Amazonのページはこちら(試し読み機能あり)

Amazonの試し読み機能をぜひご活用ください。本の内容を一部ご覧いただくことができます。

第1巻
資金収支計算書

第1巻 資金収支計算書 表紙

63ページ
1870円

NO.タイトルページ価格
第1巻資金収支計算書 (第5版)581870円
第2巻事業活動計算書(第3版)731925円
第3巻貸借対照表 (第3版)811980円
第4巻経営組織(理事・監事や理事会・評議員会について)571760円
第5巻随意契約 451650円
第6巻注記と附属明細書1091980円
第7巻社会福祉法人会計簿記の特徴
『大切なのは、1行増えること』
521870円
第8巻管理職のための
社会福祉法人会計基準の逐条解説
831980円
第9巻利益と増減差額
 ~その違いからわかること~
471815円

(第4巻 経営組織は、法人の理事・監事や評議員について解説しています)

勉強会のご案内

よかった。ありがとう。読んだ人が幸せでありますように。

関連記事


1から学べる社会福祉法人会計 第9巻 利益と増減差額

マツオカ会計事務所のストーリー
こちら