1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「立替金」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「立替金」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。

簡単な説明 貯蔵品

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

立替金
法人が何らかの支払いを立て替えてあげたもの。
利用者さんや職員さんが負担するものを、法人がまとめて立て替えておいたほうが、日々の運営では、何かと便利で効率的なことも多い。返金を受けるまでキチンと整理しておこう。

確認していきます。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

立替金
一時的に立替払いをした場合の債権額をいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説 立替金

日常生活と同じように、法人運営においても、お金を立て替えるというケースは、よく出できます。

立替金の発生

理由としては、事業運営上、都度、都度、現金などで個人ごとに支払っていくより、法人がいったんまとめて支払った上で、個人から返金を受けた方が、業務が円滑に進んむことや、現金取り扱いのリスクを下げることが挙げられます。

法人の立替金の中心になるのは、利用者への立替金と職員への立替金です。

利用者への立替金

利用者への立替金は、福祉サービスの提供に付随して、ご利用者が何らかのサービスを受けたり、物品を購入する場合に発生します。

例えば、理美容代やデイサービスのオムツ代などが考えられます。

利用者の立替金は、福祉サービスの利用料と一緒に請求、精算することが多くなります。

利用料と立替金をまとめて請求するため、会計の入力間違いも発生しやすい科目と言えます。
例えば、利用者から支払いを受けたときに、事業未収金分と立替金分の科目を間違って伝票入力をしてしまうなどが考えられます。

そのため、事業未収金に計上されている利用料と合わせて、残高の把握と確認が大切になってきます。

請求のチェック

職員への立替金

職員への立替金は、多くは税金や社会保険料、共済掛け金などですね。
休職中、産休や育休中の職員さんの本人負担分の住民税や社会保険料などを法人が立て替えて納付することがあります。

これは、基本的に職員さんの税金や社会保険料を給与から天引き(職員預り金)をして法人がまとめて納付するという制度が前提としてあるためですね。住民税なら特別徴収という制度になります。

返金を受ける方法は、職員さんから都度返金を受ける形や復職後に精算する形があります。長期に立て替えることもありますので、職員さんごとにきちんと管理していきましょう。

マツオカ
マツオカ

債権という言葉も、参考に確認しておきましょう。

債権とは、特定の人(債権者)がある特定の人(債務者)に対して一定の行為をするように要求できる権利です。

債権は、金銭債権に限るものではありません。

立替金の場合には、金銭債権になります。

民法(債権の目的)
第三百九十九条 債権は、金銭に見積もることができないものであっても、その目的とすることができる。


管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

立替金
法人が何らかの支払いを立て替えてあげたもの。
利用者さんや職員さんが負担するものを、法人がまとめて立て替えておいたほうが、日々の運営では、何かと便利で効率的なことも多い。返金を受けるまでキチンと整理しておこう。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!