1. HOME
  2. ブログ
  3. 質問と回答
  4. 社会福祉法人の積立金と積立資産の取扱い 社会福祉法人会計専門 公認会計士・税理士

会計・法人運営の記事ブログ

会計・法人運営を支えるブログ

質問と回答

社会福祉法人の積立金と積立資産の取扱い 社会福祉法人会計専門 公認会計士・税理士

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。
顧問先様からのメールでのご相談の中で、他の顧問先様にもご参考になりそうな内容を、ホームページでご案内しています。

質問の内容

積立資産と積立金の取扱いについて教えて下さい。

関連するページは下のようになります。

社会福祉法人の積立金と積立資産の取扱い
積立金の積立ての理事会承認を受ける時期について
積立資産の予算計上について
 

社会福祉法人会計基準の規定 積立金と積立資産

積立金と積立資産に関して、会計基準では以下のように規定されています。

社会福祉法人会計基準

第6条(純資産)
3 その他の積立金には、将来の特定の目的の費用又は損失の発生に
備えるため、 社会福祉法人が理事会の議決に基づき事業活動計算書の
当期末繰越活動増減差額から積立金として積み立てた額を計上するもの
とする。

社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の取扱いについて

19 積立金と積立資産の関係について(会計基準省令第6条第3項関係)
事業活動計算書(第2号第4様式)の当期末繰越活動増減差額にその他の
積立金取崩額を加算した額に余剰が生じた場合には、その範囲内で将来の
特定の目的のために積立金を積み立てることができるものとする。
積立金を計上する際は、積立ての目的を示す名称を付し、同額の積立資産を
積み立てるものとする。
また、積立金に対応する積立資産を取崩す場合には、当該積立金を同額取崩
すものと する。

計上手続き 積立金と積立資産

計上の手続きの整理

社会福祉法人会計基準に基づく考え方(順序)

会計基準の内容にしたがって、積立金と積立資産を、一旦分けて、別々に考えます。
積立金と積立資産を順番に計上を考えていきます。

順序としては、
  ①積立金の計上を行う。
  ②積立金と同額の積立資産を計上する。
という考え方になります。
 

「社会福祉法人会計基準」に、「積立金」の取扱いが規定されており、

「運用上の取扱い通知(局長通知)」では、「積立金と積立資産」の取扱いが
規定されていることから、

法人としては、

まず、積立金について検討を行う
次に、積立資産の順で、検討し、
最後に、積立金と積立資産の整合を図る

ことがいいでしょう。

詳しくは、積立金及び積立預金のページにて解説していきます

マツオカ
マツオカ

積立金と積立資産をセットで考えていく上で、一度、積立金、積立資産ごとに分けて、ポイントを整理していきましょう。

勘定科目の解説

勘定科目の解説のページでは、科目の内容を説明しています。

記事の一覧

 質問と回答の記事の一覧はこちら

勉強会のご案内

この記事を書いた人

松岡 洋史

公認会計士・税理士 スマート介護士

マツオカ会計事務所 代表

平成14年から社会福祉法人への会計支援業務を行う。会計支援を通じて出会った、社会福祉法人で働く皆さんの人柄に魅かれ、お客様から聞かせてもらった「福祉は私の人生の使命」という言葉に感銘を受け、この言葉を支えるために、平成18年 社会福祉法人会計専門の会計事務所として開業した。
約20年間、社会福祉法人と一緒になり、法人運営の支援を行ってきたことにより、独特の実務経験を有する。

Profile Picture

(筆者:松岡洋史 公認会計士・税理士 専門分野:社会福祉法人会計

関連記事

error: Content is protected !!