1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の解説 マツオカ事務所オリジナル
  4. 勘定科目の解説「国庫補助金等特別積立金」社会福祉法人会計

会計・法人運営の記事ブログ

会計・法人運営を支えるブログ

勘定科目の解説 マツオカ事務所オリジナル

勘定科目の解説「国庫補助金等特別積立金」社会福祉法人会計

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。始めたきっかけはこちら

厚生労働省の勘定科目の説明 国庫補助金等特別積立金

国庫補助金等特別積立金
会計基準省令第6条第2項に規定された国庫補助金等特別積立金をいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について

国庫補助金等特別積立金の簡単な説明をしてみましょう

マツオカ
マツオカ

国庫補助金等特別積立金
施設整備などのための補助金は、受領した会計年度のみの収益とせずに、補助金を原資に取得した資産を利用する期間において按分していこうという趣旨で、補助金の金額をいったん積立てた上で、毎年取崩しを行っていきます。

勘定科目説明の解説

国庫補助金等特別積立金についての規定

社会福祉法人会計基準には、国庫補助金等特別積立金について以下のように規定されています。

第六条
 2 国庫補助金等特別積立金には、社会福祉法人が施設及び設備の整備のために国、地方公共団体等から受領した補助金、助成金、交付金等(第二十二条第四項において「国庫補助金等」という。)の額を計上するものとする。

社会福祉法人会計基準
補助金

積立の対象となる補助金には、
施設及び設備整備のために受領した補助金、助成金、交付金等となっていますね。

交付金

交付金等の「等」の例としては、民間公益補助事業による助成金があります。(民間公益補助事業には、競輪振興法人や共同募金会が窓口になられている「公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団」、「公益財団法人車両競技公益資金記念財団」の補助事業があります(共同募金会のHPより)

会計基準の規定を受けて、厚生労働省の通知によりますと国庫補助金等特別積立金に計上する補助金は以下のようになります。

施設及び設備の整備のために、国や地方公共団体等から受領した補助金
設備資金借入金の返済時期に合わせて交付される補助金等のうち、施設整備時又は設備整備時においてその受領金額が確実に見込まれており、実質的に施設整備事業又は設備整備事業に対する補助金等に相当するもの

10 国庫補助金等特別積立金への積立てについて(会計基準省令第6条第2項、第 22 条第4項関係)
会計基準省令第6条第2項に規定する国庫補助金等特別積立金として以下のものを計上する。
(1)施設及び設備の整備のために国及び地方公共団体等から受領した補助金、助成金及び交付金等を計上するものとする。
(2)設備資金借入金の返済時期に合わせて執行される補助金等のうち、施設整備時又は設備整備時においてその受領金額が確実に見込まれており、実質的に施設整備事業又は設備整備事業に対する補助金等に相当するものは国庫補助金等特別積立金に計上するものとする。
また、会計基準省令第6条第2項に規定する国庫補助金等特別積立金の積立ては、同5項に規定する国庫補助金等の収益額を事業活動計算書の特別収益に計上した後、その収益に相当する額を国庫補助金等特別積立金積立額として特別費用に計上して行う。

社会福祉法人会計基準の運用上の取り扱い

基本金の会計処理

積立ての処理(補助金受領時)

国庫補助金等特別積立金にすべきものとして受領した補助金は事業活動計算書の特別収益の部にいったん計上された後、同じ金額(国庫補助金等特別積立金の計上額に相当する金額)を特別費用の部において、国庫補助金等特別積立金積立額として計上します。

①新施設の建設のために、100万円の補助金を口座振込で受け入れた。

借方科目金 額貸方科目金額 
普通預金100万円施設整備等補助金収益100万円

② ①で受け入れた補助金に相当する金額を、国庫補助金等特別積立金として積立てた

借方科目金 額貸方科目金 額
国庫補助金等特別
積立金積立額
100万円国庫補助金等特別積立金100万円

取崩しの処理

国庫補助金等特別積立金に計上された金額は、毎年度、国庫補助金等により取得した資産が、減価償却等によって事業費用に計上される際に、事業費用と対応させる形で、相当する部分について取崩しの処理が行われることになります。

また、国庫補助金等により取得した資産が、廃棄または売却された場合には、その時点で、その資産の国庫補助金等特別積立金の帳簿価格の取崩しを行います。

①新施設を100万円で建設し、建設費のうち国庫補助金等の補助金を50万円受領した。

 毎会計年度、減価償却費を10万円計上する

借方科目金 額貸方科目金額 
減価償却費10万円(基)建物50万円
国庫補助金等特別積立金取崩額△10万円国庫補助金等特別積立金△10万円
※2行目の仕訳は会計上の表示に合わせて仕訳を入れています。会計ソフトによっては、借方、貸方を逆に入力することがあります。

② ①の建物を廃棄することになった。 建物の帳簿価格50万円

借方科目金 額貸方科目金 額
建物売却損・処分
50万円(基)建物50万円
国庫補助金等特別
積立金取崩額(除
却等)
△25万円国庫補助金等特別積立金△25万円
※国庫補助金等特別積立金取崩額(除却等)は「特別増減の部(特別費用)」の科目になります。

(参考)非償却資産である土地に対する国庫補助金等は、原則として、①のように毎会計年度の取崩しは行われず、土地を保有する限り、国庫補助金等特別積立金は純資産に計上され続けることになります。
なお、土地の売却があったには、②と同様の処理が行われることになります。

決算では、附属明細書にも、当年度に国庫補助金等特別積立金に積立てた金額や取崩した金額を記載していきます。附属明細書の記載と一致しているか確認をしていきましょう。

施設整備などのための補助金は、施設建設のコスト負担を軽減させることで、法人のサービス提供のためのコストを軽減させることにつながります。このことを通じて利用者さんの負担を軽減させることが、補助金の目的と言われています。

簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

国庫補助金等特別積立金
施設整備などのための補助金は、受領した会計年度のみの収益とせずに、補助金を原資に取得した資産を利用する期間において按分していこうという趣旨で、補助金の金額をいったん積立てた上で、毎年取崩しを行っていきます。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

勘定科目の解説の一覧

勘定科目の解説の記事の一覧はこちら

本のご案内の記事一覧

毎月開催の「1から学べる社会福祉法人会計 勉強会」が本になりました。

仕事が忙しくて時間を取れないという方のために、勉強会の内容を書き起こしました。

絵本タイプなので、簡単にサクサク読み進めていけます!

勉強会のご案内

この記事を書いた人

松岡 洋史

Matsuoka Hiroshi

公認会計士・税理士 スマート介護士

マツオカ会計事務所 代表

平成14年から社会福祉法人への会計支援業務を行う。会計支援を通じて出会った、社会福祉法人で働く皆さんの人柄に魅かれ、平成18年 社会福祉法人会計専門の会計事務所として開業した。
約20年間、社会福祉法人と一緒になり、法人運営の支援を行ってきたことにより、独特の実務経験を有する。

Profile Picture

(筆者:松岡洋史 公認会計士・税理士 専門分野:社会福祉法人会計

関連記事

error: Content is protected !!