1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「事業区分間長期貸付金」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「事業区分間長期貸付金」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。

簡単な説明 事業区分間長期貸付金

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

事業区分間長期貸付金
事業の異なる拠点同士で、長期的に貸したお金のうち、この先1年を超えて返してもらう金額。
法人内部の取引のため、契約書、意思決定の手続きを忘れないように。返済のルールも明確に。

以下を確認していきましょう。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

事業区分間長期貸付金
他の事業区分への貸付金で貸借対照表日の翌日から起算して入金の期限が1年を超えて到来するものをいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説 1年以内科目

貸借対照表の資産、負債は、流動資産・負債と固定資産・負債とに区分されています。

流動・固定の区分 一年基準

流動資産と固定資産を区分する際に基本となる大きな考え方が
一年基準と呼ばれるものです。

区分、分類のやり方は、1年以内か1年を超えるかということになります。

これだけでもある程度、想像できますね。

資産の分類のイメージは、このようになります。

流動資産固定資産
1年以内に
お金に変わる、お金が入ってくる
1年を超えて
お金に変わる、お金が入ってくる
1年以内に
サービスの提供を受ける
1年超えて
サービスの提供を受ける
1年以内に消費される1年超えて使用される

内部取引

事業区分間貸付金は、言葉にあるように、事業区分の間での貸付になります。

内部取引の発生 事業区分間

事業区分間の取引(科目)は、貸付側の拠点と借入側の拠点が、それぞれが属する事業区分(社会福祉事業、公益事業、収益事業)が異なる場合に用います。貸付側の拠点では、事業区分間(長期)貸付金、借入側の拠点では事業区分間(長期)借入金として計上されます。

事業区分間の貸付・借入で使用する科目は以下の通りです。

貸付の期間貸付側の拠点借入側の拠点
1年以内事業区分間貸付金事業区分間借入金
1年超
(うち1年以内)
事業区分間長期貸付金
(1年以内回収予定事業区分間長期貸付金)
事業区分間長期借入金
(1年以内返済予定事業区分間長期借入金)

このような、法人内部での取引(お金のやり取り)を内部取引といいます。

事業計画

社会福祉事業だけでなく、公益事業や収益事業の拠点を運営している場合に、いずれかの拠点で、資金に不足が生じた場合に、銀行などの借入を行わず、法人内部の拠点間で貸付、借入を行うことがありますね。
法人内の方針決定の手続きとして、事業計画や返済計画を作って、検討していくと良いでしょう。

内部取引消去

法人内でのお金のやり取り、貸付、借入などは、実務上、よく出てきますね。

社会福祉法人会計基準では、法人内部の内部取引は、決算においては、消去(内部取引消去)をすることになります。

社会福祉法人会計基準

(内部取引)
第十一条 社会福祉法人は、計算書類の作成に関して、内部取引の相殺消去をするものとする。

社会福祉法人では、情報公開として決算の状況などを公表しています。

法人外部へ財務状況(決算)を情報公開する際に、法人内部のお金の貸し借りなどは、消して公開した方が好ましいと言えます。
法人全体の財務状況を公表する際に、法人内部の貸付金や借入金が○○円ありますという情報は、かえって法人の情報を誤った形で伝えてしまうことになります。

内部取引を表示した場合と表示しない(消去した)場合を比べてみましょう。

想像しやすくするために、金額を極端にしてみました。

①事業区分間貸付金、借入金を表示した場合

普通預金 100万円事業区分間借入金1,000万円
事業区分間貸付金1,000万円 純資産 100万円
資産の部合計 1,100万円 負債及び純資産の部合計 1,100万円

②事業区分間貸付金、借入金を表示しない場合

普通預金100万円純資産100万円
資産の部合計100万円負債及び純資産の部合計100万円

このように、法人内部の貸付金、借入金を表示した場合には、「資産の部合計(総資産)」や「負債及び純資産の部合計」の金額が大きく表示されることが分かります。

本来、総資産は100万円しかないのに、内部取引を表示している場合には、1100万円と読み取れます。

法人の外部の方に、法人の財務情報をミスリードさせてしまう可能性がありますね。

そのため、法人内部の取引は、相殺処理すると、会計基準では規定しています。

マツオカ
マツオカ

内部取引消去を正しく行うために、事業区分間貸付金だけでなく、相手方の事業区分間借入金と共に、残高や返済状況を管理していきましょう。

管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

事業区分間長期貸付金
事業の異なる拠点同士で、長期的に貸したお金のうち、この先1年を超えて返してもらう金額。
法人内部の取引のため、契約書、意思決定の手続きを忘れないように。返済のルールも明確に。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!