1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「賞与引当金」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「賞与引当金」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。始めたきっかけはこちら

簡単な説明 賞与引当金

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

賞与引当金
賞与は、給与の後払い的な性質を持つと言われることがあります。翌期に支給する賞与の中に、当期に働いてもらった期間の部分があれば、決算で賞与引当金を見積もっておきます。夏の賞与について、引き当てることが多いでしょう。給与規程などの賞与に関する規程(算定期間など)を確認しておきましょう。

なぜ、ここが大切なのか。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

賞与引当金
支給対象期間に基づき定期に支給する職員賞与に係る引当金をいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説

社会福祉法人会計基準や各通知の中で、賞与引当金に関する規定を確認してみましょう。
ポイントになるところを赤字にします。

賞与引当金に関する規程関係

社会福祉法人会計基準

社会福祉法人会計基準では、第5条の負債の評価のところで、引当金について規定されています。

第5条 略

2 次に掲げるもののほか、引当金については、会計年度の末日において、将来の費用の発生に備えて、その合理的な見積額のうち当該会計年度の負担に属する金額を費用として繰り入れることにより計上した額を付さなければならない。

一 賞与引当金
二 退職給付引当金
三 役員退職慰労引当金

社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の取扱いについて

「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の取扱いについて」では、賞与引当金が明記されていますね。

18 引当金について(会計基準省令第5条第2項関係)
(1)将来の特定の費用又は損失であって、その発生が当該会計年度以前の事象に起因し、発生の可能性が高く、かつその金額を合理的に見積もることができる場合には、当該会計年度の負担に属する金額を当該会計年度の費用として引当金に繰り入れ、当該引当金の残高を貸借対照表の負債の部に計上又は資産の部に控除項目として記載する。
(2)原則として、引当金のうち賞与引当金のように通常1年以内に使用される見込みのものは流動負債に計上し、退職給付引当金のように通常1年を超えて使用される見込みのものは固定負債に計上するものとする。
また、徴収不能引当金は、当該金銭債権から控除するものとする。
(3) 職員に対し賞与を支給することとされている場合、当該会計年度の負担に属する金額を当該会計年度の費用に計上し、負債として認識すべき残高を賞与引当金として計上するものとする。

社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について

「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」では、具体的な会計処理の方法が書かれています。

18 引当金について

(2)賞与引当金について
賞与引当金の計上は、法人と職員との雇用関係に基づき、毎月の給料の他に賞与を支給する場合において、翌期に支給する職員の賞与のうち、支給対象期間が当期に帰属する支給見込額を賞与引当金として計上する。

勘定科目説明のポイント

勘定科目説明と通知からのポイントは2つです。

雇用契約に基づいて、定期に支給する賞与で翌期に支給する賞与
①の賞与の支給対象期間(算定期間)が、当期に帰属する

①雇用契約に基づいて、定期に支給する賞与で翌期に支給する賞与

法人の給与規程などで、定期に支給することが決まっている賞与になります。

社会福祉法人さんでは、夏、冬の賞与のように、支給する時期が決まっている法人さんが多いのではないでしょうか。

② ①の賞与の支給対象期間(算定期間)が、当期に帰属する

定期に支給する賞与のうち、賞与引当金の計上対象になるものは、支給対象期間から夏の賞与になることが多いですね。

こんな感じです。

例えば 支給対象期間、12月1日~5月30日 支給日6月30日

賞与引当金

この場合、支給対象期間のうち、12月~3月は当年度、4月、5月は翌年度の会計年度に属することになります。

そのため、6月に支給する予定の賞与に対する12月~3月分の金額を合理的に計算して、賞与引当金に計上します。

具体的な会計処理のポイント

合理的に見積もる

実際に6月に支給する賞与の金額は、当年度末時点(3/31)においては、まだ、支給額は確定していません。

そのため、賞与引当金は、6月に支給する賞与の金額を合理的に見積もっていくことになります。

合理的に見積もるとは、給与規程などに、具体的な賞与の支給月数など計算方法が規定されている場合には、この計算方法を基に計算していきます。

規程されていない場合などでは、過年度の支給月数(平均)など、合理的な基準にしたがって計算していきます。

賞与

管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

賞与引当金
賞与は、給与の後払い的な性質を持つと言われることがあります。翌期に支給する賞与の中に、当期に働いてもらった期間の部分があれば、決算で賞与引当金を見積もっておきます。夏の賞与について、引き当てることが多いでしょう。
給与規程などで、賞与の算定期間を確認してみましょう。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!