1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「仮受金」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「仮受金」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。始めたきっかけはこちら

簡単な説明 仮受金

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

仮受金
内容や科目が決まる前に、一時的にお金を受け取ったもので預り金ではないもの。内容や科目がハッキリと確定したときには正しい科目に振り替える。

なぜ、ここがポイントか。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

仮受金
処理すべき科目又は金額が確定しない場合の収入金額を一時的に処理する科目をいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説

仮受けの発生

法人の運営上、金額や計上科目などが決まる前に、先にお金を受け取ることがあるかもしれません。頻度は高くないでしょう。

収益として内容が確定したものの前受分のお金なら、前受金や、前受収益を用います。

一時的な預かったお金だと、預り金職員預り金を用いますね。

処理する科目が確定しない場合

収入の内容が
・科目の決定することを厚生労働省の科目説明(収益)で容易に判断することが難しく、検討や専門家に相談が必要となる場合。
・複数の科目にまたがっており、どの科目を用いるか検討が必要な場合。
・過去の事例(科目)を調べる必要がある場合

などが考えれますね。

金額が確定しない場合

こちらは、

・根拠となる金額が、何らかの理由でまだ確定していない場合ですが、

例えば、利用者さんから、利用料と立替金をまとめた形で受け取ったが、まだ、それぞれの金額が確定していないケースなどがあるかもしれません。

仮受金

また、処理する科目が確定せず、金額も確定しないなど、どちらの要件にも該当する場合も考えられますね。

仮受金の手続き上のポイント

収入時の注意点

決裁をきちんと取ること

仮受金は、何らかの理由で、予め法人がお金を受け取ったものです。
収入した日時、金額、相手先及び取引の内容などをきちんと記録しておきましょう。
相手先に領収書を発行するケースもあるかもしれません。領収書(控)には、但書き(摘要)はどのように記載されているかも、明確にしておきましょう。

また、必要に応じて、稟議を取り、入金の担当者も分かるようにしておきましょう。

速やか正しい科目へ振替

勘定科目説明にあるように、仮受金は、「一時的に処理する科目」です。

科目が決まった場合、金額が確定した場合には、正しい科目(収入科目)に振替えを行いましょう。

マツオカ
マツオカ

正しい会計報告のためには、仮受金の残高の管理と、正しい科目への振替を丁寧に行っていくことが大切なことが分かります。

管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

仮受金
内容や科目が決まる前に、一時的にお金を受け取ったもので預り金ではないもの。内容や科目がハッキリと確定したときには正しい科目に振り替える。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

「絵本で学ぶ」1から学べる社会福祉法人会計
第1巻 資金収支計算書(第3版)と第2巻 事業活動計算書を、令和3年12月9日に出版しました。

第1巻 資金収支計算書 第3版

第1巻 資金収支計算書 第3版
資金収支計算書 本文

第2巻 事業活動計算書

第2巻 事業活動計算書
第2巻 事業活動計算書 本文

関連記事

error: Content is protected !!