1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の解説 マツオカ事務所オリジナル
  4. 勘定科目の解説「医薬品」「診療・療養費等材料」「給食用材料」社会福祉法人会計

会計・法人運営の記事ブログ

会計・法人運営を支えるブログ

勘定科目の解説 マツオカ事務所オリジナル

勘定科目の解説「医薬品」「診療・療養費等材料」「給食用材料」社会福祉法人会計

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。始めたきっかけはこちら

厚生労働省の勘定科目の説明  医療品、診療・療養費等材料、給食用材料

医薬品
医薬品の棚卸高をいう。

診療・療養費等材料
診療・療養費等材料の棚卸高をいう。

給食用材料
給食用材料の棚卸高をいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について

医療品、診療・療養費等材料、給食用材料の簡単な説明をしてみましょう

マツオカ
マツオカ

医薬品
お薬の在庫

診療療養費等材料
一回ごとに使う診療や衛生用の用品

給食用材料
保存ができる給食用の食材・調味料など

使用期限、消費期限などの衛生的な管理が大切

勘定科目説明の解説 医療品、診療・療養費等材料、給食用材料

前回の「貯蔵品」とともに、医薬品、診療・療養費等材料、給食用材料も棚卸資産と言われるものになります。

棚卸資産について

棚卸資産とは、ひと言でいいますと在庫のことですね。倉庫などの棚に整理されている在庫です。
決算日など、一定の日に棚から取り出し、在庫の数量や(保存)状態を確認して、その時点での価値(価格)を計算します。この作業を棚卸しと言います。

医療品、診療・療養費等材料、給食用材料

医薬品、診療・療養費等材料、給食用材料は、在庫の管理がとても大切になります。
棚卸資産は、入庫(受入れ)、出庫(払出し)という表現を使いますが、
どれだけ購入して、どれだけ使ったか、どれだけ残っているかを、書類(受払簿)で日常的に把握し、帳簿上で数量を管理するとともに、定期的に、実物在庫と照合することが大切です。

診療・療養等材料

これらの科目は、会計上では「陳腐化」という表現を用いますが、
在庫のあり、なしだけではなく、性質上、使用期限や消費期限に注意した取扱いが大切になります。在庫が使用可能な状態にあるかどうかを確認するとなると、定期的な実物確認の大切さが分かりますね。

食べ物の期限を表す「消費期限」は、期限が過ぎたら食べない方が良い、安全に食べられる期限、「賞味期限」は、おいしく食べることができる期限だと、農林水産省のページで紹介がされています。

簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

医薬品
お薬の在庫

診療療養費等材料
一回ごとに使う診療や衛生用の用品

給食用材料
保存ができる給食用の食材・調味料など

使用期限、消費期限などの衛生的な管理が大切


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

勘定科目の解説の一覧

勘定科目の解説の記事の一覧はこちら

勉強会のご案内

この記事を書いた人

松岡 洋史

公認会計士・税理士 スマート介護士

マツオカ会計事務所 代表

平成14年から社会福祉法人への会計支援業務を行う。会計支援を通じて出会った、社会福祉法人で働く皆さんの人柄に魅かれ、お客様から聞かせてもらった「福祉は私の人生の使命」という言葉に感銘を受け、この言葉を支えるために、平成18年 社会福祉法人会計専門の会計事務所として開業した。
約20年間、社会福祉法人と一緒になり、法人運営の支援を行ってきたことにより、独特の実務経験を有する。

Profile Picture

(筆者:松岡洋史 公認会計士・税理士 専門分野:社会福祉法人会計

関連記事