1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「事業区分間貸付金」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「事業区分間貸付金」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。

簡単な説明 事業区分間貸付金

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

事業区分間貸付金
社会福祉事業、公益事業、収益事業とやっていると、全ての拠点でお金があるとは限らない。そんな時に事業の異なる拠点の間で融通するお金。異なる事業の中の拠点の間で、1年以内の短期的に返してもらう予定で貸したお金。
法人内部の取引のため、意思決定の手続きの記録や返済のルールを明確に残しておきましょう。

確認していきます。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

事業区分間貸付金
他の事業区分への貸付額で、貸借対照表日の翌日から起算して1年以内に入金の期限
が到来するものをいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説 流動・固定分類

貸借対照表の資産、負債は、流動資産・負債と固定資産・負債とに区分されています。

流動・固定の区分 一年基準

流動資産と固定資産を区分する際に基本となる大きな考え方が
一年基準と呼ばれるものです。

区分、分類のやり方は、1年以内か1年を超えるかということになります。

これだけでもある程度、想像できますね。

資産の分類のイメージは、このようになります。

流動資産固定資産
1年以内に
お金に変わる、お金が入ってくる
1年を超えて
お金に変わる、お金が入ってくる
1年以内に
サービスの提供を受ける
1年超えて
サービスの提供を受ける
1年以内に消費される1年超えて使用される

事業区分間貸付金と事業区分間長期貸付金

事業区分の貸付・借入には、1年以内の短期的な取引と、1年を超える長期的な取引があります。

事業区分間の貸付・借入で使用する科目は以下の通りです。

貸付の期間貸付側の拠点借入側の拠点
1年以内事業区分間貸付金事業区分間借入金
1年超
(うち1年以内)
事業区分間長期貸付金
(1年以内回収予定事業区分間長期貸付金)
事業区分間長期借入金
(1年以内返済予定事業区分間長期借入金)

短期的な貸付になるか長期的な貸付になるかは、法人内部の方針(意思決定)で決めることになります。

マツオカ
マツオカ

貸付の方針の決定の際には、貸付期間や返済の方法、返済計画などをしっかりと決めておきましょう。

内部取引

事業区分間貸付金は、事業区分の間での貸付けになります。

内部取引の発生 事業区分間

貸付側の拠点と借入側の拠点が、異なる事業(社会福祉事業、公益事業、収益事業)に属する場合の貸付、借入に用います。
例えば、貸付側の拠点は、公益事業のB拠点、借入側の拠点は、社会福祉事業のA拠点などです。

拠点同士の貸付・借入でも、事業区分が異なる場合には、
事業区分間貸付金・借入金となり、拠点区分間貸付金・借入金とならないことに注意が必要です。

事業が異なる拠点間での取引
(例 社会福祉事業の拠点と公益事業の拠点)
事業区分間○○
同一事業内での拠点間の取引
(例 社会福祉法人事業の拠点同士)
拠点区分間○○

このような、法人内部での取引(お金のやり取り)を内部取引といいます。

内部取引消去

社会福祉法人会計基準では、法人内部の内部取引は、決算においては、消去(内部取引消去)をすることになります。

社会福祉法人会計基準

(内部取引)
第十一条 社会福祉法人は、計算書類の作成に関して、内部取引の相殺消去をするものとする。

マツオカ
マツオカ

内部取引消去を正しく行うために、事業区分間貸付金だけでなく、
相手方の事業区分間借入金と共に、残高の管理をしていきましょう。

管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

事業区分間貸付金
社会福祉事業、公益事業、収益事業とやっていると、全ての拠点でお金があるとは限らない。そんな時に事業の異なる拠点の間で融通するお金。異なる事業の中の拠点の間で、1年以内の短期的に返してもらう予定で貸したお金。
法人内部の取引のため、意思決定の手続きの記録や返済のルールを明確に残しておきましょう。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!