1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「車両運搬具」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「車両運搬具」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。始めたきっかけはこちら

簡単な説明 その他の固定資産 車両運搬具

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

車両運搬具
クルマ。送迎用や業務用、販売用など、様々な用途に用いられて、法人運営で活躍している。

確認していきます。

厚生労働省の勘定科目説明

下の厚生労働省の勘定科目の説明との橋渡しになるように説明しています。

車輛運搬具
迎用バス、乗用車、入浴車等をいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説

車輛について

車輛運搬具の「車輛」とは、車輪のついた乗り物のことを指します。

車輪の付いた移動用の乗り物ですね。

社会福祉法人さんで車輛を想像しますと、一番に自動車を想像しますね。

業務用ワゴン

様々な業務用の自動車や

福祉車輛

リフト付きの福祉車両などです。

他にも

送迎バス

送迎用のマイクロバス

販売用の車両

販売用の車を持っておられる法人さんもおられますね。
(就労支援事業用など)

社会福祉法人の会計では、
一般的に取得価額が10万円以上の資産が、固定資産となり

車輛が、車輪のついた乗り物であると考えますと、

原付バイク

10万円を超える自動二輪車、原付バイクなどや

電動自転車

電動自転車も、10万円を超えるものが多くなってきますね。

自動車だけでなく、取得価額が10万円を超えるバイク(自動二輪車)や電動自転車も車輛運搬具に計上されると考えておきましょう。

車輛の資産計上額について

車を購入される際に、販売店から示される、見積書や請求書は、とても細かく明細が書かれているかと思います。

車輛運搬具として、資産に計上する場合は、明細ごとに科目を分けてあげることが必要になります。

大きくは、以下のような感じです。

内容勘定科目
車両本体価格車輛運搬具
附属品、オプション①に含めて計上
納車費用①に含めて計上
自賠責保険料月割り計算をする
当年度分 保険料
次年度以降分 前払費用または長期前払費用
リサイクル預託金預け金(科目追加)、前払金、その他固定資産など
(一般の企業では、「預け金」の科目をよく使います)
自動車取得税・重量税租税公課

金額的な重要性が乏しい場合には、取得価額(購入価額)の全額を、車輛運搬具とすることも考えられます。

また、社会福祉法人さんの車両の購入には、日本財団さんなどから補助金(ご寄附)をいただくことも多くありますね。

内容科目
車両購入に係る補助金の受入れ受領額を、施設整備等補助金収益に計上して
同額を
国庫補助金等特別積立金積立額に計上する。


減価償却費の計上と共に
国庫補助金等特別積立金を取崩していきます。
マツオカ
マツオカ

車両の購入は、運営上、継続的に生じますね。車の購入ごとに、会計処理を変えるのではなく、同じ用途に用いる車両には、同じ会計処理を継続的に行うことが大切になってきます。

 

管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

車両運搬具
クルマ。送迎用や業務用、販売用など、様々な用途に用いられて、法人運営で活躍している。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。


管理職さんへのお勧めの本です。


深い内容と溢れる愛が胸に響きました。




ピコ太郎のつくりかた (NewsPicks Book)

関連記事

error: Content is protected !!