1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「器具及び備品」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「器具及び備品」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。始めたきっかけはこちら

簡単な説明 その他の固定資産 器具及び備品

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

器具及び備品
10万円以上の備品類。都度都度、購入するので、数がとても多くなり、現存しているか管理と確認が大切。

確認していきます。

厚生労働省の勘定科目説明

下の厚生労働省の勘定科目の説明との橋渡しになるように説明しています。

器具及び備品
器具及び備品をいう。ただし、取得価額が○○(10)万円以上で、耐用年数が1年以上のものに限る。

※(10)は、マツオカ記載、経理規程にしたがって下さい。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説

機械装置と器具及び備品の区分

器具及び備品と別で説明している機械装置は、イメージが重なるところがあり、それぞれの違いが分かりにくいですよね。

平成30年3月14日の大阪地方裁判所の判例では、機械装置と器具及び備品の区分について示されているので、判例の一部を記載してみます。

機械装置器具及び備品
各機器が製品製造等の一連の生産工程の中で供用され,それぞれの果たす機能により製造設備等の一部を構成している場合の当該各機器は「機械及び装置」に該当するそれ自体で固有の機能を果たし,独立して使用される機器が,「器具及び備品」に該当する

器具及び備品について


判例にあるように、器具及び備品は、固有の機能を果たして独立して使用される機器であり

社会福祉法人さんでは、経理規程の規定で、一般的には、取得価額が10万円以上のものになります。

運営上、10万円以上の資産は、多岐にわたりますね。

ベッド

例えば、

(以下、購入する形での)

利用者さんのベッドであったり

特殊浴槽

特殊浴槽など

業務用冷蔵庫

業務用冷蔵庫などの厨房機器

業務用洗濯機

業務用洗濯機

AED

AEDや

パソコン

事務用のパソコン

コピー機

コピー機などです。

器具及び備品に計上される資産の種類が多く、多岐にわたるということは、資産の管理(現物の確認)が大切になってくることが分かります。

マツオカ
マツオカ

減価償却が終わって、備忘価格の1円で資産として残している場合もあるかと思います。
年度末など、年に1度は、資産台帳と現物を照らし合わせて、現存と使用状況を確認して、必要な場合には、会計上、除却の処理を行いましょう。

 

管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

器具及び備品
10万円以上の備品類。都度都度、購入するので、数がとても多くなり、現存しているか管理と確認が大切。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。


管理職さんへのお勧めの本です。


深い内容と溢れる愛が胸に響きました。




ピコ太郎のつくりかた (NewsPicks Book)

関連記事

error: Content is protected !!