1. HOME
  2. ブログ
  3. 研修会についてスタッフの感想
  4. 「1から学べる社会福祉法人会計」の勉強会を横で聞いているスタッフの感想⑪

会計・法人運営の記事ブログ

会計・法人運営を支えるブログ

研修会についてスタッフの感想

「1から学べる社会福祉法人会計」の勉強会を横で聞いているスタッフの感想⑪

「社会福祉法人のDXの会計」勉強会を、4月14日オンラインで開催しました。
今回は勉強会60分、DXの事例・研究75分の内容でした。

今回の勉強会の目的

今までは全体像について学んできました。今回から各論的なことについて学んでいきます。
1つ1つの手続きの確認をし、月次の報告に活かしていき、会計担当者の管理や把握につなげていきます。
掘り下げた実務に近い部分を学び、全体像として知っておいてもらうことが目的です。

勉強会

今回の勉強会は「社会福祉法人のDXの会計」です。

DXとは、Digital Transformation「デジタルトランスフォーメーション」の略語のことです。
では、「デジタルトランスフォーメーション」とは何でしょうか?

ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる(ウィキペディアより)

デジタル技術を用いることで、人々の生活やビジネスをより良いものへ変革させていくことですね。

あれ?頭文字を取るのであれば、「DT」じゃないの?
これについても諸説あるようです。

今回は、会計の面から「DX」をお話ししていくという勉強会です。

このテーマで勉強会をするに当たり、松岡もかなり勉強したようです。

経済産業省いわく、2025年までに変革が出来ないと、日本全体で12兆円の国家的損失が出ると言われているとのこと。

今までDXを導入してみたものの、失敗事例の方がたくさんあるそうです。
なぜか?
それはデジタルが主体、つまり、導入することが目的になっているからです!

では、どうすればいいのか・・・・
ということを今回のセミナーでは、社会福祉法人会計の考え方を交えながら勉強しました。

なるほど・・・
時代の流れと共に、いろんな変化がこれから起きていくのでしょう。

セミナーを受けてくださった管理職の方は、
「DXはやっていかないといけない課題だと思っている」
「見極める立場が管理職の方たちだね」
という意見を下さいました。

興味のある方は、お問い合わせからご連絡くださいね(´-`*)

関連記事