1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の解説 マツオカ事務所オリジナル
  4. 勘定科目の解説「ソフトウェア」社会福祉法人会計

会計・法人運営の記事ブログ

会計・法人運営を支えるブログ

勘定科目の解説 マツオカ事務所オリジナル

勘定科目の解説「ソフトウェア」社会福祉法人会計

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。始めたきっかけはこちら

厚生労働省の勘定科目の説明  その他の固定資産 ソフトウェア

ソフトウェア
コンピュータソフトウェアに係る費用で、外部から購入した場合の取得に要する費用ないしは制作費用のうち研究開発費に該当しないものをいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について

その他の固定資産 ソフトウェアの簡単な説明をしてみましょう 

マツオカ
マツオカ

ソフトウェア
パソコンに入れて使うもの。パソコンソフト。タブレットで使うケースも増えてきています。
固定資産台帳に登録していないと、何のソフトを持っているか、使っているかが全体で把握ができていなかったりするので注意が必要。

勘定科目説明の解説

コンピューターのソフトの利用は、法人運営に欠かせなくなっていますね。

ソフトウェア

ソフトウエアは、無形固定資産の1つです。
目に見えない、無形の固定資産を、無形固定資産と言います。

法人さんが利用されるソフトの多くは、ソフト会社さんから購入したソフトですが、法人自身でソフトを開発した場合(自社開発)には、ソフトの制作費用を計上していくことになります。

ただし、自社開発の場合に、ソフトの研究開発(試作しているところ)の費用は、科目のソフトウェアには含まれません。この会計処理は、ソフト会社さんで行う会計処理と同じになっています。

ソフト

最近は使うソフトも多くて、どんどん新しくなってる気がします。

ソフトウエア

使い方を覚えるのも一苦労です。

AI

これからは、AIのソフトも活躍してくれるのでしょうか。

ソフトの購入金額も高額になってきており、購入ではなく、リースを用いることも増えてきました。
この場合には、契約内容によって、無形リース資産として計上したり、賃貸借の処理を行います

簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

ソフトウェア
パソコンに入れて使うもの。パソコンソフト。タブレットで使うケースも増えてきています。
固定資産台帳に登録していないと、何のソフトを持っているか、使っているかが全体で把握ができていなかったりするので注意が必要。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

勘定科目の解説の一覧

勘定科目の解説の記事の一覧はこちら

勉強会のご案内

この記事を書いた人

松岡 洋史

公認会計士・税理士 スマート介護士

マツオカ会計事務所 代表

平成14年から社会福祉法人への会計支援業務を行う。会計支援を通じて出会った、社会福祉法人で働く皆さんの人柄に魅かれ、お客様から聞かせてもらった「福祉は私の人生の使命」という言葉に感銘を受け、この言葉を支えるために、平成18年 社会福祉法人会計専門の会計事務所として開業した。
約20年間、社会福祉法人と一緒になり、法人運営の支援を行ってきたことにより、独特の実務経験を有する。

Profile Picture

(筆者:松岡洋史 公認会計士・税理士 専門分野:社会福祉法人会計

関連記事

error: Content is protected !!