1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「未収収益」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「未収収益」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。始めたきっかけはこちら

簡単な説明 未収収益

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

未収収益
時の経過とともにもらえる契約になっているお金、○月分といったもので、まだもらえていないお金。

確認していきます。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

未収収益
一定の契約に従い、継続して役務の提供を行う場合、すでに提供した役務に対してい
まだその対価の支払を受けていないものをいう。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説 未収収益

科目の説明

社会福祉法人では、あまり馴染みのない科目かもしれません。
「継続して役務の提供を行う」とは、継続した期間を基に契約して、毎月「○月分」と言った形で、サービスを提供して、お金をもらう形ですね。

法人が、本業以外に不動産を賃貸しているような場合の月極の駐車場代や家賃をイメージすると分かりやすいですね。

当月分を翌月以降にもらう時に、「未収収益」が計上されます。

月極駐車場

福祉事業での事業未収金との違い

少し分かりにくいのは

法人が行う福祉の事業でも、毎月、毎月、ご利用者さんにサービスを提供していて、○月分の利用料などと表現しています。
福祉の事業でも毎月継続してサービスを提供していると考えられそうですね。

福祉の事業の未収金の場合には、事業未収金(事業収益に対する未収金)に計上します。

事業未収金に計上される福祉のサービスと、未収収益に計上されるサービス(役務)の違いは、時の経過とともにサービスが提供されているものかどうかになります。

同じような○月分のサービスと言っても、福祉サービスの未収金は、職員さんなどがその月に実際に行った福祉のサービスの対価であり、時間の経過に比例して、サービスが提供されたものではありませんね。
一方で、未収収益に計上されるサービスは、時間の経過に比例してサービスが提供されるものです。
例として、家賃や月極駐車代、保険料、ソフトの利用料などのサービスを思い浮かべると違いが分かりやすいですね。
福祉サービスの中には、室料のように、時間の経過に比例してサービスが提供されるものも含まれますが、福祉サービス全体として考えていきましょう。

マツオカ
マツオカ

「未収収益」と「前受収益」「前払費用」「未払費用」の4つをまとめて経過勘定という表現を使うことがあります。時の経過によって発生する収益や費用に関連して用いられる勘定科目です。参考として覚えておいて下さいね。


管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

未収収益
時の経過とともにもらえる契約になっているお金、○月分といったもので、まだもらえていないお金。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

マツオカ会計事務所で開催中の勉強会
「1から学べる社会福祉法人会計」を書き起こして
絵本タイプにした本です。

(Amazonへはこちら)

1から学べる社会福祉法人会計 第1巻 読み方が変わる!!資金収支計算書

関連記事

error: Content is protected !!