1. HOME
  2. ブログ
  3. 企業主導型保育事業 専門的財務監査
  4. 企業主導型保育事業 専門的財務監査のポイント① 「1 経理区分」について

会計・法人運営の記事ブログ

会計・法人運営を支えるブログ

企業主導型保育事業 専門的財務監査

企業主導型保育事業 専門的財務監査のポイント① 「1 経理区分」について

企業主導型保育事業の専門的財務監査

令和3年度から、企業主導型保育事業に対して専門的財務監査が行われています。
専門的財務監査は、監査法人(公認会計士等)によって行われることになります。

児童育成協会が公表している専門的財務監査の評価基準のポイントを確認していきましょう。

今回は、1 経理区分について

専門的財務監査の評価基準の内容とポイント
1 経理区分について

専門的財務監査の評価基準の内容の横に、ポイントとなるところを記載していきます。

監査事項評価事項社会福祉法人のポイント
   法人本部(保育事業以外に係る事業)と事業所(保育事業)との区分経理を行うための経理に関する規程を整備しているか確かめる。  ・経理に関する規程がない。○経理規程があるか。
ほぼ大丈夫でしょう。
法人本部と事業所は別の経理区分となっているか確かめる。・区分経理されていない。経理規程に、保育事業は、一つの拠点として規定されているか。

モデル経理規程なら(事業区分、拠点区分及びサービス区分)第6条の拠点のところに規定する
保育事業に係る会計年度は、4月1日から翌3月31日までとなっているか確かめる。・4月1日から翌3月31日になっていない。原則として、社会福祉法人の会計期間は4月1日~3月31日になっています。
経理に関する規定には、適正な会計処理や決算等を行うために必要な事項が定められているか確かめる。・本社の経理規程をそのまま使い、保育事業経理に必要な事項が全く検討されていない。
・必要な事項に不備がある。
モデル経理規程(厚生労働省などか)に準拠して経理規程を作っているか。

○補助簿などを保育事業として独自の帳簿を用いている場合には、規定しておきましょう。
経理に関する規程を変更する場合には、法人所定の内部規程等に従って、適正に改訂を行っているか確かめる。   ・適正に改定を行っていない。規程を改定した際の理事会議事録を確認しましょう。
(新たに企業主導型保育事業を開始した時など)
カ   勘定科目については、経理に関する規程の別表等で定めているか確かめる。・別表等で定められていない。経理規程の勘定科目別表を作成しているか確認しましょう。

○新たに企業主導型保育事業を開始した場合には、保育事業に必要となる科目があるか、また、勘定科目別表に追加したか確認をしましょう。

指導監査とも共通する内容が多くありますね。

経理規程の別表(勘定科目別表)は作成が漏れがちです。もう一度確認してきましょう。

確認手続き

1 経理区分の確認のポイントは

経理規程がきちんと作れているかになりますね。

次回はこのテーマです。

② 「2(1)会計責任者の任命」    

専門的財務監査の記事の一覧はこちら

本のご案内の記事一覧

毎月開催の「1から学べる社会福祉法人会計 勉強会」が本になりました。

仕事が忙しくて時間を取れないという方のために、勉強会の内容を書き起こしました。

絵本タイプなので、簡単にサクサク読み進めていけます!

勉強会のご案内

この記事を書いた人

松岡 洋史

Matsuoka Hiroshi

公認会計士・税理士 スマート介護士

マツオカ会計事務所 代表

平成14年から社会福祉法人への会計支援業務を行う。会計支援を通じて出会った、社会福祉法人で働く皆さんの人柄に魅かれ、平成18年 社会福祉法人会計専門の会計事務所として開業した。
約20年間、社会福祉法人と一緒になり、法人運営の支援を行ってきたことにより、独特の実務経験を有する。

Profile Picture

(筆者:松岡洋史 公認会計士・税理士 専門分野:社会福祉法人会計

関連記事

error: Content is protected !!