1. HOME
  2. ブログ
  3. 勘定科目の簡単な説明
  4. 勘定科目の簡単な説明「その他未払金」社会福祉法人会計 初心者向け

会計のお話BLOG

会計を伝えるブログ

勘定科目の簡単な説明

勘定科目の簡単な説明「その他未払金」社会福祉法人会計 初心者向け

「ホームページ利用上のご注意について」をお読み頂き、これらの条件にご同意の上ご利用ください。

説明の内容

管理職になり、初めて社会福祉法人の会計に接することになったお客様へ、
「自分は会計の初心者だ」と思っておられる方々へ、
社会福祉法人会計で用いる勘定科目のイメージを持ってもらうための簡単な説明になります。始めたきっかけはこちら

簡単な説明 その他未払金

管理職さんへの簡単な説明はこちら。

マツオカ
マツオカ

その他未払金
事業そのもの以外で、買ったものやってもらったことに対してまだ払えていないお金。
例えば、施設の工事費等が該当するため、その他未払金が計上される場合には、金額が高くなることがあり、未払い残高や支払(予定)時期を把握しておくことも大切になってくる。

確認していきます。

厚生労働省の勘定科目説明

厚生労働省の勘定科目の説明を確認してみましょう。

その他未払金
上記以外の未払金(施設整備等未払金を含む。)をいう。

(松岡注)上記は、「事業未払金」を指しています。

出典「社会福祉法人会計基準の制定に伴う会計処理等に関する運用上の留意事項について」

勘定科目説明の解説 事業未払金

その他未払金の解説

介護保険の始まりとともに制定された(旧)会計基準では、「未払金」として整理されていました。
現行の(新)社会福祉法人会計基準では、「未払金」が、下のように2つの科目に区分されました。

 科 目 勘定科目説明
事業未払金事業活動に伴う費用等の未払い債務をいう。
その他の未払金上記以外の未払金(施設整備等未払金を含む。)をいう。

未払金を、事業活動に伴うものと、それ以外のものに分けて計上(表示)することになりました。

事業運営以外のために、取引先からの納品や役務(サービス)の提供を受けた(完了した)が、まだ、代金の支払いが行われていない取引に係る金額を、その他未払金として計上していきます。

建設工事

その他未払金は、
事業活動の費用以外の未払金のため
勘定科目説明のカッコ書きにもあるように、
施設整備活動に関する未払金が中心になってきます。

建設工事代金の未払い額

福祉車両

車両購入時の未払額

業務用エアコン

他にも、固定資産を取得した際の、未払額ですね。


その他未払金の管理上のポイント

その他未払金は、事業未払金とは異なり、毎月、継続的に発生するものは、比較的少ないでしょう。

また、施設整備活動の未払金を考えると、金額が、高額になる可能性があります。

取引先ごとに、未払い金額(残額)や、支払(予定)日を確認していくとともに、

請求書納品書見積書

納品書や工事完了報告書などで、
納品や工事の完了を検収し、

また、

見積書、契約書と
請求書を照合して、金額などに誤りがないかを確認することが大切になってきます。

管理職さんへの簡単な説明をもう一度

マツオカ
マツオカ

その他未払金
事業そのもの以外で、買ったものやってもらったことに対してまだ払えていないお金。
例えば、施設の工事費等が該当するため、その他未払金が計上される場合には、金額が高くなることがあり、未払い残高や支払(予定)時期を把握しておくことも大切になってくる。


科目の正確な内容は、厚生労働省の勘定科目説明でいつでも確認することができます。科目の要点をイメージできるようにしておきましょう。

関連記事

error: Content is protected !!